犬と暮らす家

犬と暮らす家(ペット住宅)

犬との暮らしを考えるなら「愛犬家」と家づくりをしましょう

人間と犬が共に暮らす家を考えるとき「愛犬とどうやって楽しんで快適に暮らせるか?」を考えます。天気の良い日は愛犬とテラスでのんびり・・・リビングでは気持ちいい床に愛犬と一緒に寝転んで遊んであげられる空間に・・・そんな色んな想いが浮かび上がってくると思います。
愛犬と暮らす家を考えるパートナーとして同じ「愛犬家」と一緒に家づくりをしませんか?愛犬家にしかわからない悩みや楽しみを打ち解け合いながら一緒に愛犬のための心地のいい家を考えましょう。

飼い主が気持ちいいと感じる空間

愛犬も同じように気持ちよさを感じられる住宅
愛犬は飼い主の気持ちを常に感じている。飼い主の機嫌がいいときは愛犬もご機嫌。飼い主の元気がないと愛犬はそれを察知して励ましてくる。飼い主と愛犬は一心同体です。
飼い主が最も心地いい空間で生活することは愛犬にとっても安らげる空間となります。愛犬に優しい家はまず飼い主が自然体で過ごせる家づくりから始めることが大切です。
気付かないうちに愛犬中心の生活になっていた
今住まわれている家のインテリアはどうなっていますか?
愛犬に危険があるものはなるべく高い位置に配置したり家の中を自由に行き来できるルートを自然と確保していると思われます。特に室内犬は運動不足になりやすく適度に家の中で回遊できることが大切です。子供と一緒で愛犬の健康を自然と考慮している意識はもうただのペットではないのかも知れません。
犬が入れない空間を確保することも大切
人間に何ら問題がない生活空間でも犬にとってはマイナスな空間があります。例えばキッチンまわりです。
キッチンまわりは気をつけていても料理の油や調味料などが床に散乱しがちの危険な場所です。小型犬は調味料などのちょっとした塩分が胃に大きな負担をかけて具合を悪くしてしまう恐れがありますので特に気を遣わなくてはなりません。飼い主と愛犬の生活動線はちょっとした危険性を回避するひと工夫が大切だと考えます。家での愛犬との過ごし方をヒアリングした上で細かな配慮の設計プランをご提案させて頂きます。
犬の話から始まる家づくり
家を建てることが目的ですが人と人が打ち解け合うまでには少々時間が必要です。ここで犬の力に頼ってみては如何でしょうか?
犬のみならず趣味が合う人に出会うと自然と親近感が湧き、短い時間で色んな話をすることが出来るものです。住宅会社の比較検討では最終的にその担当者が今後信頼できるかどうか?長く付き合えるかどうか?が大きな判断材料となります。風通しの良い打ち合わせができるきっかけとして犬の話から・・・でも大歓迎です。

最も得意な犬種

今までに担当したお客様の犬種はダックスフンド、パグ、ボストンテリア、ヨークシャテリア、パピヨン、マルチーズ、トイプードル、ビーグル、ジャックラッセルテリア、イタリアングレーハウンド、ペキニーズ、ワイヤーフォックステリア、チワワ、フレンチブルドッグです。同じ犬種でも性格は様々でした。
得意な犬種とは適切な表現ではないかもしれませんがチワワを2匹飼育しておりますのである程度室内犬の飼い方や接し方については知識と経験からお役に立てるお話ができるかも知れません。何より犬は皆可愛く大歓迎でございます。

犬と暮らす家とデザイン住宅

愛犬と暮らす家には犬に優しい建材を重視したいものがそれにより希望する空間が実現できない!?なんてことがあってはなりません。建物のイメージや雰囲気を壊さずに共存できる空間デザインをしっかりとご提案します。「犬専用の床材」と記載がある建材だけが必ずしも良いとは限りません。床材は木の種類と塗装やワックスでいくらでも代用することができます。タイルも同様です。
犬に優しく!建物はカッコ良く!素敵な家を一緒につくりましょう。

Number Secondについて

犬が好きなメンバー

弊社スタッフはもちろん、提携の設計士、施工スタッフ、広告制作スタッフ、建材ショップスタッフに至るまで犬好きメンバーが集まっております。
犬と暮らすお客様を最大限サポートできるような環境づくりに努めております。

今後の展開

ペットブームと騒がれておりますが一時的なものでは終わらないと考えます。ペットブームにより犬の魅力を知った人達は愛犬の虜となり愛犬なしではいられない生活となります。ペット人口が多くなるに連れてより快適な住まいづくりが求められます。
最近では賃貸物件も「ペット可」が多くなって参りましたが多頭飼いはまだまだ対応できるところが少なく住まい探しも一苦労です。まだまだ愛犬と暮らすには十分な環境ではありませんが「犬と暮らせる集合住宅」や「マンションでも快適に暮らせる愛犬リフォーム」など愛犬と快適に暮らすための企画を続々立案中です。今後の活動にご期待下さい。